LOHAS(ロハス)なライフスタイルを創造する生活情報雑誌




食品・スイーツ
【LOHAS×間菜舎 コラボ企画】焙煎職人、高田啓治が叶えた“プレミアムコーヒー”
間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ使用「Excellent」
画像を拡大する
限定品
間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ使用「Excellent」
商品コード: 0005
販売価格(税込): 1,605 円
ポイント: 14 Pt
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
圧倒的なコストパフォーマンス 間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ
大手コーヒーメーカーの会長をして「初めて体験する味」と言わしめるほど、比類ない間菜舎焙煎コーヒー。しかし、主宰する高田さんは、さらなる理想に向かった。
私たちLOHAMAも首を長くして待った。しかし残念ながら、今年も19等級の豆はできなかった。
だが、LOHAMAではせっかくの高田名人のコーヒーを皆さんに味わってもらいたいと思い、間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ使用「Excellent」をご用意することとした。
味は、あの幻の「Premium」の血統を受け継ぐ正当派ストロングスタイル。コーヒーを入れるときの豆のふくらみと泡立ちの良さ、それに深い味わいは他のコーヒーでは決して体験できない次元のものだ。
そして何よりも、価格は「Premium」より4割もお買い得である。
これまで、「Premium」をあまりにも高いと躊躇されていた方にも是非お試しいただきたい一品である。
もちろん、高田さんが絶対に外せない条件としてニュークロップ(収穫してすぐの新豆)だ。一般的に、コーヒー豆は収穫から数年経った豆が「オールド・ビーンズ」、または「ビンテージ・ビーンズ」といって持てはやされる。それは、自然乾燥していればいるほど、中まで火が通りやすく、結果として美味しく焼ける、という理由からだ。しかし、自然乾燥の過程で少なからずコーヒーの香味成分も、水分とともに消えてゆく。ゆえに、高田さんはこれまでもニュークロップにこだわってきたのだ。
稀代の焙煎職人が焼き上げた、ニュークロップがいかなる味、香りを放つか、ぜひご自身で味わっていただきたい。
間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ使用「Excellent」
間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ使用「Excellent」について
一昨年、ニュークロップ(新豆)としてご紹介し、昨年もみなさんにご好評をいただきました間菜舎焙煎「Premium」(19等級 特大豆)ですが、残念ながら今年もブラジルの天候不良のため、パートナーである下坂農園において、コーヒー豆がわれわれの望む大きさまで熟成しませんでした。そのため、LOHAMAでは新たに2009年産の間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ使用「Excellent」を販売いたします。

*19等級ニュークロップ使用「Premium」の販売は翌年以降となります。ご了承ください。


【商品スペック】
素材/原材料 : ブラジル産ボルボン種コーヒー豆
重さ : 200g
生産国 : 日本
商品番号 : 0005
価格 : 1,560(税込)

※豆は火を入れた後も熟成するため、常温で保管してください。そして、開封後はなるべく1ヶ月以内にお召し上がりください。なお、入荷量に制限があるため、定量に達し次第販売を終了させていただきます。予めご了承ください。
■この商品のつくり手
間菜舎主宰 高田 啓治

高田啓治さんは、長年、コーヒー豆の焙煎を専業とする会社に勤務。焙煎職人として大手コーヒーメーカーの新商品開発にも参画するほど、業界において評価の高い職人でした。しかし、サラリーマンとして会社に勤務している以上、どうしても売れる、または売りやすいコーヒー豆を焙煎することを優先せざるを得ないことから、いまから15年前に会社を退職。自分自身で納得する焙煎をするために、東京から西伊豆に移り住み、こだわりの焙煎豆を提供しています。

■関連情報
LOHAS編集部が惚れ込んだマイスター「褐色の滴と真っ向勝負!」
間菜舎焙煎 下坂農園ボルボン種 通常クロップ使用「Excellent」
この商品に対するお客様の声
新規コメントを書き込む

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

カートの中を見る